悩む男性

    計算したり

    相続税は、だれがどの財産を取得するかによって税額が変わることがあります。  地価が高い場所に不動産を持ってい...

    Readmore
    札束

    相談先

    相続税が将来発生しうる際に誰に相談をするべきなのかですが特に節税に関してできることを知ら帯と考える人は多いのが...

    Readmore
    説明する男性

    増える

    平成25年度の税制改正で相続税に関して大きな制度変更が行われました。 重要な改正点としては、基礎控除の引き下...

    Readmore
札束

相続税が将来発生しうる際に誰に相談をするべきなのかですが特に節税に関してできることを知ら帯と考える人は多いのが現状です。
こうした税金のプロフェッショナルは税理士や公認会計士になりますが、公認会計士は税理士の仕事を受ける場合もありますが主に企業相手になるので、まずは地域の税理士に頼むのが一般的であると言えます。 (さらに…)

お金

税理士と公認会計士に相続税を相談することについて、公認会計士も税理士になれる資格を持っていますので、どちらに相談しても適切な助言及び対応をしてくれます。
(さらに…)

説明する男性

平成25年度の税制改正で相続税に関して大きな制度変更が行われました。
重要な改正点としては、基礎控除の引き下げと税率の引き上げが決まっています。
つまるところ、増税となります。
そして納税額が増える事と共に重要なのは、相続税の課税対象者が増えるという事です。
(さらに…)

打ち合わせ

相続税は各税目の中でも、中々申告納税に至らない税目でもあります。
なぜなら、被相続人の死亡事実に相続は発生しますが、法定相続人に1000万円を乗じた金額に5000万円を加算した金額が基礎控除となるため、申告義務の生じる人は少ないのです。
また、この相続税の税務はめったに関わる人は少ないため、また、内容も難しいので、多くの人が税理士や会計士に申告業務を依頼する人は多いのです。 (さらに…)

スマホで話す女性

平成27年から相続税が改正され、都市部など、地価が高い地域に自宅があるだけでも課税対象になる可能性がある人が増えています。
 せっかく家族に財産を遺しても、遺族が相続税の納税で苦労することがないようにしてあげなくてはいけません。
 不動産の価値が高くて、現金や預貯金の比率が低いと、相続税が課税されるのに、相続財産から納税資金を出せず、手もとのお金から持ち出さなくてはいけなくなってしまいます。
(さらに…)